about

ギャラリー凜は、日本人の匠の技によって生み出された日本人ならではの作品、用の美、後世に残る価値あるものに光を当て、国内外に広くご紹介することで、日本の伝統工芸を応援します。

作り手の愛と魂の籠った作品を通じて、心の豊かな暮らしをご提案します。

伝統工芸作家とその作品をご紹介させていただくことを通じて、わたくしたち日本人が日本人であることの誇りを高めること、文化を通しての国際交流が世界平和の一助に繋がることを願って活動します。

私は、高校での英語講師、司法機関での民間通訳人としての仕事、国際交流協会の活動、そして(公財)AFS日本協会で若者の海外留学を推進する活動に携わる中、日本人の素晴らしさを感じながらも、日本の若者の多くが日本人であることに誇りを持っていないことにもどかしさを覚えていました。

「日本の良いところを世界中の多くの方々に知って欲しい。」

「日本人自身がもっと日本の国の素晴らしさに気付き、日本人であることに誇りを持てるといい。」

そんな思いが強まり、国内外で活躍する日本人の方の講演やセミナーを主催するようになりました。

その後、主人が砥部焼大使になったこともあり、私は初めて愛媛県伊予郡砥部町の砥部焼伝統産業会館を訪れる機会を得ました。

その時、素晴らしい作品群の中で、とりわけ私の目を惹きつけたのは、八瑞窯、白潟八洲彦先生のシンプルで美しい作品でした。

固い磁器でありながら、柔らかで美しい曲線のフォルムを持つ。

シンプルであるが故に、和のスタイルにも洋のスタイルにも合い、食器には料理上手な奥様が使い勝手にこだわった「用の美」があります。

白潟先生は、ろくろを神聖化し、ろくろ道を極めていくうちに、シンプルな器にたどり着いたそうです。

「先人のご恩に報うべく砥部焼の認知度を高める為に頑張っている」と仰る白潟先生のお手伝いをしたいと思い、白潟八洲彦先生の作品をご紹介する為に 2014年、私はギャラリー凜を設立いたしました。

私が地元の方にご案内いただいた砥部焼の採石場は、かつては名古屋に本社がある窯業の会社に属していて、その会社で土の研究をしていた主人の父(故人)と深い関係があったと知ったのは後日のことです。

私と砥部焼との出逢いも亡き義父が導いてくれたご縁かもしれません。

その後、白潟先生の器を通じて、十二代藤林徳扇先生の作品との出逢いがあり、白潟八洲彦、十二代藤林徳扇の作品を取り扱わせていただくことに相成りました。

思い起こせば、子どもの頃、母が買い求める各地の焼き物に興味を持ったり、学校で配布された展覧会のチケットを持ってワクワクしながら美術館を訪れていた私が、今こうして、美術工芸品を扱う事業に携わることになるのは、自然の流れだったのかもしれません。

ご紹介している二人は共に世界で活躍し、世界平和を希求し、自然を尊重し、独自の世界観を持つ方々です。

一心に自分の道に邁進する作家たちの匠の技を国内外に広くご紹介していくことが、日本人が日本人であることの誇りを高める一助となれば幸いです。

大勢の皆様にご高覧賜ります様、どうぞよろしくお願い申し上げます。

なお、十二代藤林徳扇の作品については、当ネットショップでは取り扱っておりませんので、ご要望の際は、お問い合わせより、ご連絡下さい。